1. Home
  2. 全国高齢者グループホーム(認知症対応型共同生活介護)を探す

全国高齢者グループホーム(認知症対応型共同生活介護)を探す




認知症の方が介護スタッフの支援を受けながら5名~9名のグループで生活する「グループホーム(認知症対応型共同生活介護)」

「グループホーム(認知症対応型共同生活介護)」は認知症と診断された高齢者が少人数の家庭的な雰囲気の中で、認知症専門の介護スタッフの支援のもと、介助やレクリエーション、機能訓練を受けながら共同生活を送る施設です。そうすることで入居者の残存機能を活かし、認知機能の低下をゆるやかにします。運営は社会福祉法人やNPO法人などの公的なものから民間企業とさまざまです。

■どんなサービスがあるの?

○施設のスタッフから入浴や排せつ、食事などの介助や生活支援を受けながら生活します。他の有料老人ホームと異なるのは、料理や掃除、洗濯などの家事に入居者本人も参加しながら共同生活を送ることです。認知症専門の介護スタッフが3対1以上の配置で24時間常駐し、入居者一人ひとりの性格や残存機能を把握しながら役割を担ってもらい、自分で出来ることは自分で行います。その他レクリエーションなども充実しています。

■どんな生活スペース?

○台所、トイレ、洗面、浴室、食堂、リビングは5名から9名までの生活単位(ユニット)で共有します。毎日顔を合わせるメンバーが決まっていることで認知症の方が精神的に安定を保てるからです。一人ひとりの居室は個室になっています。


■入所のための条件は?

○原則65歳以上の要支援2以上の認知症の診断を受けた方が条件です。グループホームは「地域密着型サービス」といって、介護が必要になっても住み慣れた地域で暮らせるように市町村指定の事業者が地域住民に提供するサービスのひとつであるため、その自治体の住民票のある方が対象となります。
○共同生活を送るため基本的に身の回りのことが比較的自身で出来る方になります。また看護師などの医療職員の配置基準はないため、日常的に医療行為が必要になってくると住み続けられない施設もあります。

■入所の申し込みはどこで?

○申し込みは直接施設に必要書類をそろえて行います。ケアマネージャー(介護支援専門員)を通すとスムーズです。住民票のある自治体の施設で申し込めます。グループホームは増加傾向にありますが施設ごとの定員数は多くないため、希望の施設にすぐは入れるとは限りません。その場合は順番待ちになります。

■費用は高い?安い?

○入居一時金は必要な施設が大半ですが少額です。比較的負担が少なく、介護サービスが受けられます。


■全国で13,069(※)のグループホームがあります

○平成28年10月1日時点で施設数は全国で13,069施設です。厚生労働省研究班の調査によると2025年には65歳以上の5人に1人が認知症を発症すると推計されていることもあり、施設数は近年増加傾向にあります。

※厚生労働省ホームページより
Rホーム+ 0120146246
チェックした施設 0件を見る